\ěLBLЃZCP

雨漏りによる屋上の防水工事(水性防水材・密着工法)|神奈川県茅ケ崎市の某工場

長梅雨と猛暑に見舞われた8月も間もなく終わり、早くも9月に入ります。

9月といえば台風が心配になる季節‥。

今回ご紹介させて頂く現場も台風がやってくる前に予めメンテナンスを検討されており、防水工事を行っております!

 

《全体的に劣化した屋上の防水工事》

全体的に防水層の劣化やシーリングが著しく劣化してましたが、特にトップライトの廻りからの水漏れがありました。

今回は劣化の状況を見極めたうえで、特に下地処理に時間をしっかりとかけて防水工事を行っていく段取りで施工を進めていきます!

では、まず最初に施工前の状態をご覧下さい。

屋上防水の施工前

既存防水材の目地の劣化が激しく、ここからも漏水の形跡が見られました。

まずは 笠木・目地のシーリング補修を行っていきます。完全に劣化していた為、撤去後シーリングを打ち直しました。

シーリングの打ち直し

その後、アスファルト防水の目地補修を行いました。深くクラックが入っていた為、下地調整材で平滑にならしました。

アスファルトの目地補修

また、ドレン廻りの劣化が激しかったため、丁寧に下地調整を行っております。

ドレン廻りの下地補修

本日の最後は水性防水材・1層目の塗布を行いました。下塗り不要の材料の為、直塗りで塗布します。

ウレタン樹脂1層目の塗装

インターバルを置いて、次回はウレタン2層目の塗装を予定してます!

以上、現場からお伝えさせて頂きました!!