施工事例。有限会社セイケン

酷い汚れと劣化に伴う屋上の防水工事|平塚市の某老人ホームにて屋上防水

酷い汚れと劣化に伴う屋上の防水工事|平塚市の某老人ホームにて屋上防水
酷い汚れと劣化に伴う屋上の防水工事|平塚市の某老人ホームにて屋上防水
施工内容 屋上の防水工事(通気緩衝工法)
建築形態 RC造
施工地域 神奈川県平塚市
工期 20日間
施主 老人ホーム 理事長
お問合せの種類 お客様からのご紹介
担当者 青木 良浩(あおき よしひろ)
担当者からのコメント コケが積もっていたり、目地の充填材が飛び出している状態でした。直ちに漏水の危険性はないものの、長年の資産価値の維持を考えると、メンテナンスすべきと判断し施工に至りました。
担当者写真
酷い汚れと劣化に伴う屋上の防水工事|平塚市の某老人ホームにて屋上防水

施工手順

手順①. 高圧洗浄

【セイケンの解説】はじめに土や汚れを全て取り除いた後、高圧洗浄にて綺麗に洗い流しました。

酷い汚れと劣化に伴う屋上の防水工事|平塚市の某老人ホームにて屋上防水

手順②. 通気緩衝シート・ジョイントテープの貼り付け

【セイケンの解説】下地処理、シーリング、プライマーを行った後、通気緩衝シートを貼り付けます。

酷い汚れと劣化に伴う屋上の防水工事|平塚市の某老人ホームにて屋上防水

手順③. ウレタン防水(1層目)

【セイケンの解説】ウレタン樹脂を流し込み、1.5mmになるよう専用レーキを使い、平滑に均します。

酷い汚れと劣化に伴う屋上の防水工事|平塚市の某老人ホームにて屋上防水

手順④. 施工完了

【セイケンの解説】2層撒いたあと、防水層保護塗装を行い、施工完了となります。

酷い汚れと劣化に伴う屋上の防水工事|平塚市の某老人ホームにて屋上防水

COMMENT